薬剤師の求人に応募した経験談です

結婚を機に退職したが再就職を考える

薬剤師として働いてきたものの結婚によるいわゆる寿退社をした者です。
その後しばらくの間ブランクがありましたが、子供が小学生になったのを機にもう一度働いてみたいと思い、求人を探して応募しようと考えていました。
ただそのときに不安に思ったこととしては、前に働いてきたときに比べて結構長く間が空いてしまい、資格保持者ではあるものの使い物になるかどうか、また認めてもらえるか不安だったことです。
知人などにも色々と情報収集をする中で、薬局で待っているだけの仕事から在宅で療養している患者さんの元にも行くことがあると聞いて、びっくりしました。
患者さん宅への訪問医療なんて、滅多に聞いたことがなくて、それが今では当たり前のように行われていると聞き、時代が変わっているんだなと痛感しています。
幸い、この地域では医療機関が多くありしかも診療所と病院との連携も上手くいっているようでした。
薬剤師として活躍している人も、医療機関、門前薬局など大勢いることもあって、いざというときには相談することが出来ることも心強かったものです。
求人への応募では、ブランクが気になっていました。
日進月歩で変わる医療やその制度についてはしっかりと勉強していかないと、資格保持者というだけではなかなかついていけないかもしれないと不安に思ったものです。

結婚を機に退職したが再就職を考えるブランクは不安だがドラッグストアの調剤部門で働き始める患者さんと直に触れ合い話をする仕事にやりがいを感じる